私がカマグラゴールドを使いはじめた理由

私は最近になって、長年使い続けたバイアグラの購入をやめて、インド製ED治療薬であるカマグラゴールドの使用を開始しました。
今までは、個人輸入代行業者で購入した医薬品は、自己責任で使用する必要があったことから使用を避けていたのですが、ある出来事をきっかけに、思い切ってインド製ジェネリックを使い始めたのでした。
そのきっかけとなった出来事とは、日本初のジェネリック版ED治療薬の発売です。

 

日本でジェネリック版ED治療薬が発売されたことと、インド製のED治療薬の使用を開始したことと、何の関係があるのかと疑問に思われるかも知れませんね。
先述のように、私は長年バイアグラを使い続けていました。
ただ、バイアグラは1錠1,500円と高価なので、私としては海外の安価なジェネリック版ED治療薬を個人輸入して試してみたいとずっと考え続けていたのです。
しかし、これも先述しましたが、個人輸入した医薬品は自己責任で使用しなければなりません。

 

その点を妻が心配して、個人輸入代行業者を利用することに反対したため、私はずっとジェネリック版ED治療薬を購入出来ずにいたのでした。
そんな私でしたが、2014年に日本でついにバイアグラのジェネリック版が発売されると知って、心から喜びました。
これで、妻も納得の上で格安のED治療薬が購入できると思ったのです。
しかし、喜んだのも束の間で、日本初のED治療薬は思ったほど安くはなく、1錠あたり1,250円という値段でした。

 

インド製ED治療薬の値段を知っていた私は、同じぐらいの値段を日本版ED治療薬にも期待していたのですが、そこまでの安さにはならなかったのです。
もちろん、日本製のジェネリック版ED治療薬には医薬品副作用被害救済制度が適応されるため、安心して使えるという利点があります。
しかし、価格にたいする期待値が高かった分、値段の高さに正直がっかりしました。

 

そして、もういくら待っても日本では安価なED治療薬は手に入れられないだろうと、私は妻を説得して個人輸入代行業者でカマグラゴールドを注文したのでした。

 

その時わかったのですが、妻も内心バイアグラの購入価格を安くしたいと思っていたようです。
さて、注文してから一週間ほどで、治療薬は配達されました。

 

そして早速に使用してみることにしたのですが、私も初めてインド製ED治療薬を試すので、本当に効くのだろうかと不安でした。
ですが、それはまさに取り越し苦労で、私のペニスはバイアグラを服用した時以上に勃起したのです。
どうやら、今まで使っていたバイアグラは主成分が50mgで、カマグラゴールドは主成分が100mgだったために、より強力に作用したようでした。
また、副作用についても主成分が100mgの分、少し強めに現れました。
結局、その晩は無事にセックスすることができ、私は現在もカマグラゴールドを半分に割って使用を続けています。

 

また、妻もインド製ED治療薬の効果に納得しているようです。
そんな私たち夫婦は、カマグラゴールドに切り替えたことで浮いたお金で、ラブホテルに行ったりと性生活を満喫しています。


管理人・山崎龍之介